データの管理について解説します

iPhone修理の前にデータのバックアップを取るのは必須

iPhone修理の前にデータのバックアップを取るのは必須 iPhoneの調子が悪かったり、画面が割れてヒビが入るなどして修理が必要な時があります。
iPhone修理を依頼する場合は、必ず事前にデータのバックアップを取っておきましょう。
iPhone修理をしている間に、万が一データが失われてしまったとしても、バックアップを取っていればすぐに修復することが出来ます。
最も簡単でも便利な方法は、Wi-Fiがある環境で設定ボタンをタップしてiCloudを起動させるやり方です。
電話帳や写真、スケジュールなどを一括してクラウドに保存することが出来ます。
そうすると、すぐに修復が可能なので安心して預けることが出来ます。
また、機種交換の際にも便利なので、iCloudを使って小まめに保存したり、同期したりしておきましょう。
大切な写真や必要な情報を失うことなく、便利にiPhoneを使用することが出来ます。
さらに、パソコンなどからもアクセスできるので、仕事に利用するにも便利です。

iPhone修理の前にデータを保存するのに用いるクラウドについて

iPhone修理の前にデータを保存するのに用いるクラウドについて iPhone修理を行う時にいまのスマホ内にあるデータをバックアップすること必要があります。
なぜなら修理後に初期化されたiPhoneを元の仕様に初めからやり直すことは面倒で困難な作業だからです。
バックアップの方法はさまざまありますが、一番簡単な方法はクラウドを利用することで、これはiPhone内の電話帳や保存した画像、アプリの情報などをネットワーク上に保存するもので、設定したIDとパスワードを入力するとどの機種でも、自分の仕様のスマホとして利用できるものです。
クラウドに保存するにはパソコンなどの別の端末は必要なく、wifiなどの安定した通信環境がある場所で行うことができます。
iPhoneの場合は2種類のやり方があり、ひとつは音楽などを購入するアプリ内にあるものを使用するもので、もう一つはAppleのサービスとして付随しているもので、どちらも無料で使用できます。
ただしこれには容量が決まっていて、容量以上のものを保存する場合は有料になるので注意が必要です。
iPhone修理前には必ずバックアップをすることが大事なiPhone内の情報を守ることができます。

新着情報

◎2020/9/28

修理のときにデータは見られる?
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

データのクラウド移行のやり方
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「iPhone 必須」
に関連するツイート
Twitter