データのクラウド移行のやり方

データのクラウド移行のやり方

データのクラウド移行のやり方 iPhone修理をする際には、万が一使い物にならなくなった時のために、データを移行しておいた方が良いです。
そしてパソコンと接続する以外に、クラウドを使用する方法があります。
その大前提として、専用のIDを保有していることとwi-fiに接続できる環境が必要です。
iPhoneを使用するのであれば誰でもIDは持っているはずですが、念のため確認しておきましょう。
その上で操作はiPhone側から行い、設定のプロフィール画面からiCloudへ移動し、バックアップをオンにします。
そこからすぐ下にある今すぐバックアップを押せば、即座に作業が開始されます。
それが終了したら、最後にバックアップが作成された日付と時刻が表示されるので、間違いがないかを確認してからiPhone修理に出しましょう。
ちなみに移行できるデータの種類はアプリやメッセージなど複数が対象ですが、標準では5GBが上限です。
そこから増やしたければ月額制に登録する必要があります。

iPhone修理は故障した機種でもデータを抜き取ることが可能

iPhone修理は故障した機種でもデータを抜き取ることが可能 生活必需品となってるスマートフォンは、使用頻度が高いため故障することも多々あります。
故障の中には電源が入らないというトラブルが発生する場合もあり、その時はスマートフォンに登録している電話帳やメールといったデータを閲覧できなくて不便な思いをすることでしょう。
iPhone修理店では、電源が入らなくなった機種であっても専用機器を使用することでデータの抜き取りを可能としています。
この抜き取りという作業はバックアップ作業とも言い換えることが可能で、iPhone修理だけでなく大切な情報をCD-ROMに保存して受け取ることも可能です。
保存に掛かる料金は記録媒体への保存や取り出す情報量によって異なりますが、2GBで約3,980円が相場です。
なおCD-ROMに保存した情報はご自身でパソコンを用いて新しい機種に登録することが可能ですが、もしパソコンをお持ちでない場合はiPhone修理店でも再登録を依頼することもできます。

新着情報

◎2020/9/28

修理のときにデータは見られる?
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

データのクラウド移行のやり方
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「iPhone 移行」
に関連するツイート
Twitter